「朝採れ野菜」は直売所には少ないという事実

「朝採れ野菜」は直売所には少ないという事実

新鮮な「朝採れ野菜」を期待して来店するお客様はかなり多いようですが結論からお話しすると朝収穫して店頭に並んでいる野菜は非常に少ないと言う事です。

朝に出荷する場合「朝採れ」は無理

朝採れ野菜が少ない事は結構ショックでしたか?

これはお店の開店時間を考えればある程度想像できます。例えば直売所が9時に開店をするとします。どこの直売所でも開店前3時間位前には生産者が入れるようにします。

そうするとやる気のある生産者はいい陳列場所を確保しようと5時40分位にはお店に来るわけです。その前に収穫や包装作業が難しいのは少し考えればわかりますよね。

 

ほとんどの農家は前日に収穫している

朝一番に直売所に陳列しようと思うと間違いなく前日以前に収穫しないといけなくなります。

収穫だけでなく包装作業にもかなりの時間がかかります。

なので殆どの農家は朝採れ野菜を出荷するのは難しい状態です。

 

新鮮さで大事なのは時間よりも管理状態

「何だよ新しく無いじゃないか!」と言う方はあまりいないとは思いますが、野菜の鮮度の点で言うといつ取れたかよりも収穫後の保存状態が大事です。

ホウレン草や小松菜などの軟弱野菜は水分が飛ばないようにしないと6時間ほどでしなってきます。農家がきちんと水分が逃げないように冷蔵庫に入れていれば葉に張りがある新鮮な状態で出荷ができます。

新鮮な野菜の見分け方

収穫してから時間が経過している野菜は切り口が変色してきます。今の時期で多いものは白菜ですが断面が茶色く変色しているのは時間が経過しています。

白菜やキャベツは巻きが緩くなくしっかり固いものを選んだ方がいいです。勿論ビニールでちゃんと放送しているものの方が水分が逃げていなくてシャキッとしていて食感がいいです。

 

それでもスーパーよりも新鮮な野菜が買えるのが直売所

スーパーでも前日に取れた地元の野菜が並ぶことがあります。

ただし福岡県産以外の野菜は前日に収穫した野菜が並ぶことは少ないと思います。どうしても直送でない場合は青果市場を通すことになりますので直売所の野菜にはかないませんね。

その点で直売所の野菜は殆どが前日収穫で新しいものが多いです。しかし前述したように前日以前に収穫して出荷している生産者がいる事は認識しておいてくださいね。

 

 

「朝どれ」シールは新鮮さの目安になる

直売所の包装には色々なシール(ステッカー)が貼っていますが「朝どれ」のステッカーは一応新鮮さの目安になります。

そもそも、そこまで細かな事ができる生産者なら鮮度に関しては安心して購入してもいいでしょう。

 

自分である程度判断しないといけない

いつも直売所で販売している側から見ますと、残念ながらいい加減な生産者もいるのが事実です。かといってお客様一人一人につきっきりでダメな野菜を説明することなどできるわけもないのです。

本当はお客様にお勧めしたくない野菜もあるのが事実なのですが、それは今後の課題で改善できる所かもしれません。

直売所でお買い物するお客様はぜひ自分で確かな食材を見極める目をもって頂きたいです。アドバイスさせて頂きます。

 

↓こんなのを出荷する生産者は買わなくてもいいですよ

【怒!】これが青虫の「ふん」です

 

 


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA