【簡単・安い・超旨い】ブリの柵で簡単ネギトロ丼

【簡単・安い・超旨い】ブリの柵で簡単ネギトロ丼

ブリの柵が安いんです。

暖かくなってきている今の時期(4月中旬以降)はブリの脂はそこまで乗っていない時期です。大きなブリですと脂がのっていて美味しいのですが、ヤズクラスの個体は脂のノリは正直よくありません。

ですが、このブリの柵直売所によってはすごくお得に販売されているのです。

具体的には300gから400g(刺身だと3人分程度)程度でお値段何と約400円!

安い!

ブリ(ヤズ)もそうですが、たまにヒラマサも安く売られている事があります。このヒラマサの柵も今回のブリのネギトロ丼に使えます。

 

 

ブリ(ヤズ)の柵は脂と旨味が少ないのが残念

ですが安いのにも勿論、訳があります。脂と旨味が少ないんです。食感は良くてもやはり物足りない感じがするんですね。

このようなブリだと、刺身にしてもおいしくありません。ですが、漁師さんにもらったり、買うものが無い時などはどうして消化しようかと悩んでいました。

そこで思い付いたのが、マヨネーズを加えて脂分を補う方法でした。そしてそれをそのままご飯の上にのっけて「ブリのネギトロ丼」の完成です。

 

 

ブリのネギトロ丼の作り方

めちゃくちゃ簡単ですが一応作り方を書いておきます。

1 ブリの柵をタタキにする。

2 マヨネーズとオリーブオイル、醤油を1に加えて混ぜる。

3 ごはんに乗っける。

因みに調味料それぞれの分量はいちいち軽量していません。味を見ながら、まずマヨネーズ、次にオリーブオイルで最後に醤油で味を調える感覚です。

 

マヨネーズとオリーブオイルが秘密

マヨネーズを刺身に付けて食べると美味しいのは結構有名のはず。不足しがちな脂がプラスされて旨味も加わります。そして魚の臭みもとれます。

オリーブオイルは入れなくても丼はおいしくなります。独特の香りが苦手な方もいらっしゃると思いますが、オリーブオイルをいれると味のコクがでます。

 

 

野菜を沢山盛って~♪

入れる野菜は大根、レタス、新玉、ネギ!

野菜を入れる事によってシャキシャキの食感と程よいみずみずしさが加わります。野菜不足を気にしている人はこんなジャンクフード食べる事は無いでしょうが、野菜不足を補う事も。できますね。一応…

 

 


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA