同じ弁当は飽きるという話

同じ弁当は飽きるという話

直売所の弁当って飽きますよね。私なんかもたまに食べるのですが、同じ弁当ばかりなので買う気が失せます。 ほとんどはコンビニで買ってきますね。 コンビニなかったら、スーパーで買います。 どうしようもなかったら、「やっと」直売… 同じ弁当は飽きるという話 の続きを読む

ミニトマト『アイコ』を食す

ミニトマト『アイコ』を食す

昨日興味本位でミニトマトの品種の一つ『アイコ』を買ってみました。 最近、直売所でもよく見るトマトです。 トマトは品種、ハウスや露地栽培などが変化しつつ通年流通する野菜です。他の品種と比較して『アイコ』の特徴はどんなもので… ミニトマト『アイコ』を食す の続きを読む

タケノコのシーズンが終盤です

タケノコのシーズンが終盤です

今週末タケノコは終盤に入ってくると思います。 現在はマタケが主に出荷されていて、お客様がこぞって購入していきます。 以前記事にさせてもらいましたがタケノコのシーズンは、モウソウチク、ハチク、マタケと進んでいきます。 今現… タケノコのシーズンが終盤です の続きを読む

クウシンサイが流行の兆し

クウシンサイが流行の兆し

あまり有名ではない野菜の『空心菜』ブームが来ているかもしれません。 原因は不明なのですが、売れ行きが好調です。早い時間ですぐに売り切れて行きます。 大体、急に売れだすのはTVの影響が多いのですが今回はどうでしょうか? &… クウシンサイが流行の兆し の続きを読む

売れる野菜の「色」問題

売れる野菜の「色」問題

野菜の色で売上が変わってきます。傷んでいる等の色ではなく、色野菜の話です。 今作っている野菜の「色」は気にされてますか?   なんのために色々あるの? 同じ野菜で色が沢山ある野菜がありますね。あなたは料理の時に… 売れる野菜の「色」問題 の続きを読む

直売所の新しいキーワードは『体験』か

直売所の新しいキーワードは『体験』か

小売業は人口減少の影響もあり、業界全体が厳しい基調です。 特に直売所は扱う商品や地理的条件に、随分と差があるためにノウハウが伝わりにくい業界かもしれません。 この中で差別化をしていくのは、結構大変な事だと思います。糸島を… 直売所の新しいキーワードは『体験』か の続きを読む

同じ話を何度でも何度でも…。全然OK!

同じ話を何度でも何度でも…。全然OK!

いとしま太郎の勤務している直売所では、店長を始めスタッフの殆どは私より年上です。直売所に勤める40代なんて人はかなり若い方です。 小さい会社ならこういう事は結構あり得る話ではないでしょうか? 「俺全然気の利いた話できてな… 同じ話を何度でも何度でも…。全然OK! の続きを読む

スタッフも生産者もお互いにコミュニケーションが必要

スタッフも生産者もお互いにコミュニケーションが必要

朝の「おはようございます」は大事です。私達直売所のスタッフだって「にんげんだもの」…   朝一番の挨拶と「どうぞ」に反応なしは寂しいね とある朝の話です。新しく出荷を始めたであろう生産者がいましたので朝の挨拶を… スタッフも生産者もお互いにコミュニケーションが必要 の続きを読む

そのパンは誰の為にこだわってますか?

そのパンは誰の為にこだわってますか?

ふと思いついた話です。今回は完全フィクションなので実際にそのパン屋さんはいませんので。あしからず。 生産者は何の為に、何にこだわるのか?というお話です。   「一斤450円糸島産小麦使用」のこだわり食パン 直売… そのパンは誰の為にこだわってますか? の続きを読む

直売所の農家にも交渉力が必要だ

直売所の農家にも交渉力が必要だ

直売所にいると必然と顔見知りの農家は増えてきます。 勿論、挨拶程度は毎日するのですがそれよりも、一歩深くお互いを知ることはすごく大事です。今回は「交渉」のお話です。 お店の側の人間からするとよく知らない人からよりも、知っ… 直売所の農家にも交渉力が必要だ の続きを読む