最近よく見るカラー野菜

最近よく見るカラー野菜

最近の直売所ではカラー野菜が多く出荷されています。健康にも良さそうでおしゃれな野菜たちです。

 

健康にいい?カラー野菜

見た目だけで本当に栄養があるのかといとしま太郎は疑ってました。調べてみるとそれぞれに栄養が豊富な事がわかりました。

 

カラー野菜の色(色素)にも栄養の特徴があるようです。

 

赤…リコペンの色です。美肌効果・肌がきれいになる効果があります。トマトはリコペン豊富です。油と一緒に吸収されやすいので炒めて食べるのがよさそうです。

 

黄…ルテインが豊富です。食用ギクに多い成分です。現代社会はブルーライトとの戦いです(大袈裟w)。このブルーライトから目を守るといわれるのがルテインです。年を取ってきて視力が悪くなったり、目の病気のリスクを下げたい太郎世代には必需な成分かと

 

オレンジ…超有名人のカロテンです。カロチンとも呼ばれます。体の老化防止に役立つといわれます。太郎のぼけ始めもこれで治るかしら。

 

紫…アントシアニンなどのファイトケミカルが含まれます。ケミカルというワードがあまり健康に良さそうにはありませんがそんな事はなく、抗酸化作用、免疫力、アンチエイジングにも効果が期待されています。

 

女性に人気

 

なので女性にすごく人気が高いです。若い女性は料理におしゃれに使う事が出来ますし、年配のお客んには健康にいいとお勧めしやすいですね。

 

確かにサラダをいつも(すいません、少し見栄をはりましたw)作る時にビーツとか紫タマネギがあるだけで食卓が少し華やかになるものです。食事は味も大事ですが見た目もまた大切な要素です。

 

お客さんから教えてもらう

 

お客さんの方が詳しい事も多いので料理方を教えて頂く事も多いです。魚に関しては知識とか鮮度がわかりづらいので説明をする事が多いのですが、野菜に関しては奥様方がプロかなと思っています。

 

特にカラー野菜を購入されるお客さんはよく勉強しているイメージがあります。食べる事が好きな度合いならいとしま太郎も負けていませんのですぐに仲良くなれますね。

 

糸島市内のカフェ・レストランでも

 

お客さんの中にはもちろん糸島市内のカフェやレストランのシェフもいらっしゃいます。シェフの話はすごく勉強になりますし、こちらからも提案がしがいあります。

 

その知識をまた一般のお客様にフィードバックする事ができますのでいつも参考にさせてもらってます。

 

糸島市内で作ったカラー野菜で積極的にメニューを考えているシェフもいらっしゃいますし、その料理で観光に来たお客様を喜ばせて頂けるんですから素敵な事です。

 

これから売れそうなカラー野菜

 

生産者としては「ではこれから何を作付けするか」という事ですが太郎おすすめは

・赤大根

・ビーツ

・紫カリフラワー

の3種は売れると思います。根拠はありませんが店頭では売れ残ることが少ないからです。カラー野菜はまだ出荷する生産者が少ないので早めに出荷をすればファンが増えやすいですよ。

その他の野菜。例えば黄色や紫のジャガイモなどもありますが基本的に生食しない(サラダ)にしない野菜というのは何となく購入するのに抵抗があるようです。

 

作付けの参考までにどうぞ。

 


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA