天然ブリと養殖ブリの比較

天然ブリと養殖ブリの比較

やっぱり聞かれた養殖ブリの事

糸島市内の直売所は年末にブリを販売している所が多かったですね~。やはり福岡の年末といえばブリですよね~。といっても殆どのブリは県外から仕入れているわけなんですけどねw

うちのお店だってお客さんが聞いてくるわけです。養殖ブリがうまいの?天然がおいしいの?という質問が。

養殖と聞いて嫌がるお父さんもいるのですが普通の状態なら養殖の方が美味しいんですよ。だけど価格も天然よりは高いのヨ。変なところでケチっちゃうと年末に赤っ恥かきますぜ旦那w

 

「嫁ごブリ」は養殖がオススメ

嫁ごブリは主に福岡の風習なのですが、この嫁ブリを買いに来るお客さんが結構多いのです。お嫁さんもらってる人は結構多いんですね(余計なお世話ですが…)

これは前回の記事にもしているのですがいとしま太郎のオススメは養殖ブリです。後述しますが、もらったブリに虫がいた時の残念感はなんとも言えないものがありますね。生産者にもらった時にも同じ「寂しい」感じがします。

 

嫁御ぶり(嫁ぶり)は福岡の風習【養殖が無難です】

 

丸々と太っていていると美味しすぎる天然ぶり

「ブリは絶対に天然ブリ!」と思っているお客様の頭の中にあるのはこの6kg以上ある丸々と太った寒ブリでしょうね。

確かにうまいんです。筋肉全体にバランスよく乗っている脂が食べた瞬間に「爽やかな甘み」を口中に広げます。そしてその脂ですが養殖とは違ってキツすぎない。さっと溶けて思わず「しあわせぇ~」とつぶやきたくなります。

すごく良い状態のブリをブリしゃぶにしたら本当にいくらでも食べれそうです。刺身ではややくどかった脂が、程よく落とされてさっぱりとしたポン酢との調和が素晴らしい。これを味わってしまうと天然最高!となってしまっても無理はないでしょう。

2000円/kgは高い?安い?

6kg以上のいい状態のブリは年末には2000円/kgあたりで市場で売買されることもよくあります。さぁみなさんグラム200円のお魚ってどうでしょう?

卸値で2000円でしたら小売りではブロックの状態では3500円~4000円程度でしょうか?

それが糸島市内の直売所では1本丸々買えば2000円/kgなのです。5kg以上あれば結構イケてる天然ブリですので約1万円ですか。ぱっと見は高いような気がしますが結構良心的な価格なのではと私は思ってしまいます。

 

虫がいない事が大きなメリットの養殖ぶり(と思っている…)

先ほどの嫁ごブリの折でも触れましたがブリの中にいる「ブリ糸状虫」です。

ブリの血合いの中によくコニャニャチワしておるこの人です。人体に害はありません。ですが出てくるときには沢山出てきます。

私も害がないとはわかっていてもこれが入っているだけで「フライかな…」と思ってしまいます。これがいない事がいとしま太郎的に養殖ブリを選ぶ大きなメリットです。味には影響はありませんが見た目も味に影響していると持論があり、これは私的にはアウトですね。

 

安定した脂の乗りと生産性で庶民の味方

養殖ブリはエサや環境を調整する事で高いバランスで美味しく食べれる様に養殖されています。そしてブリの弱点である赤身の変色についてもエサの改良で変色しにくいブリも出てきています。

しかも生きている状態から出荷までが管理されていますので血抜きの処理、神経締め等で美味しく食べる事ができます。

天然のバッチリの状態のブリを100としたら平均して85~90を取る優等生というのが私のイメージです。これを毛嫌いして食べないのは訳が分かりません。そして流通量も安定しています。

因みに価格は天然のブリよりも若干高めで1500円~2000円/kg程度でしょうか。

フルーツを食べさせる「フルーツ魚」は養殖青物がイイ!

最近よく聞くようになったのがフルーツをエサに配合する事で魚の変色や魚特有の生臭さを消す事を目的とした魚ですね。よくさっぱり食べたいからフルーツ魚にすると言う事ですがなら白身の魚食べればいいやんってのは野暮な話のようです。

以前柑橘をエサに配合した養殖ブリを食べたことがあるのですが確かにすこーしだけ良い香りがするような「気」がしました。ただ同じように柑橘を配合したエサで養殖したヒラメを食べたことがあるのですが正直差がなかったように感じます。あくまで個人的な感想ね。

ですから興味がある方は養殖の青物(ブリ、ヒラス、カンパチ)を食べてみると違いが判るかもしれませんね。このようにエサで個性を出せるのも養殖魚のいいところですよね。

 

それでも寒ブリは年に一度は食べたいくらい旨い!

色々と書きなぐりましたが結局養殖がいいんやないかいっとなるのですが季節感もあって寒ブリは年に一度は食べるべきと思っています。

年が明けてこれからは大きいブリの価格も落ち着くと思いますし寒い炬燵の中でホカホカのブリシャブもたまらないでしょう。

糸島市内の直売所ではそんな生産者のブリが買える所がたくさんあります。本当に糸島市民でよかったなぁと感じる事が出来る季節だとおもうんですがねぇ。


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA