ダメな大人にならないために自戒【6つ】

ダメな大人にならないために自戒【6つ】

ブログを始めて顧みる

 

いとしま太郎です。

 

直売所で働き始めて5年が経過しました。今やすっかり立派な中年になっております。

 

ブログを描き始めて自分の行動を顧みる事が多くなりました。そうすると仕事を始めた時のピュアな気持ちがすこーし濁ってきているではありませんか!

 

…これはイケナイ。

 

そんな自分に、自戒の念を込めて気を付ける6つの事を記録しておきます。10年後のオレ、がんばれ。

 

 

1 同じ話を何回もしない

 

直売所とは直接関係ありませんが日々従業員同士で会話していると「あっ…この間もこの話、同じ人にした」と気づく事が頻繁におきています。

 

若い人から後ろ指をなるべく指されないように、言いたい時は口の中でモグモグしておきます。

 

2 面倒くさがらない

 

仕事に慣れてくると最初は新鮮だったやり取りも面倒になる事が多くなってきました。

 

例えばわざわざ注文しないと取り寄せる事ができない野菜とか果物の手配。

 

お客様にレシピが無いのが悪い気がしてメモに書いていた事。

 

FAXで注文した後に相手に届いているかの確認の電話。

 

等々、あげると永遠と思い出せそうですが、これらを初心に返ってきちんとしよう。
丁寧な生活を(これは言ってみたかっただけw)

 

3 高圧的にならない

 

以前より人にお願いする(指示する)事が多くなってきました。働いているパートさん達は立場上何も言わずにちゃんと指示に従ってくれます。

 

お客様も詳しい食べ物の知識など無い方は不安で太郎に聞いて下さる人もいるのです。

 

その様な人たちに、立場や知識があるのをいい事に高圧的に接して納得させるのは反省すべき所です。

 

謙虚に生きようと思います。

 

4 話を長々としない

 

同じ話を何度もしないと被るのですが、最近自分の話をずうっと聞いて「くれている」若いパートさんが多い事に気付きました。

 

話なげぇよおっさん位思われてるんでしょうねぇ。

 

まじで、イヤです。反省します。話は要点をついてきちんと相手に分かる最低限の話をするようにします。中年ぽいのは加齢臭だけにしときます。加齢臭もこぎれいにしてなるべく出さないようにしてます。

 

 

 

5 常連さんだけ長々と話さない

 

コミュ障のいとしま太郎ですが常連さんとの会話はすごく楽しいです。コミュ障だからこそか…

 

食べる事が好き同士なら会話も弾んで当然。ついついお客様と店員という立場を忘れて友達のように話してしまいがちです。

 

一線を引いたうえでお客様の為になるような店員を目指します。

 

若い女性と親しく話したいという、スケベな気持ちもセーブしますww

 

 

6 ありがたいの気持ちを忘れない

 

やって当然。常識だろ~と中途半端に思いがちです。

 

お客様には感謝、生産者の野菜を売ってその手数料を頂いているのを忘れずに。

 

真摯に受け止め忘れないようにします。

 

勿論一緒に働く従業員にも感謝しなければいけません。

 

 

 

 

同じ仕事でも淡々と真面目に履行する

 

日々、同じような仕事を同じような時間で同じようにやっています。慣れてきて退屈になってきます。

 

いとしま太郎それは全然悪いことだとおもってはおりません。続ける事っていうのはすごく大変です。

 

太郎が大学生の時にたまたまNHKスペシャルで放送していた、永平寺の78世貫首の宮崎奕保禅師の言葉が印象に残っています。なぜか勢いでDVDも買ってしまいました。

 

自然は立派やね。

わたしは日記をつけておるけれども、
何月何日に花が咲いた。何月何日に虫が鳴いた。

ほとんど違わない。規則正しい。

 

そういうのが法だ。法にかなったのが大自然や。

法にかなっておる。だから自然の法則をまねて人間が暮らす。

人間の欲望に従っては迷いの世界だ。

真理を黙って実行するというのが、大自然だ。

 

誰に褒められたくも思わんし、これだけのことをしたら、
これだけの報酬がもらえるということもない。

 

時が来たならば、ちゃんと花が咲き、
そして、褒められても、褒められんでも、
すべきことをして黙って去っていく。

そういうのが実行であり、教えであり、真理だ。

 

引用元NHKスペシャル「永平寺 104歳の禅師」

 

今は退屈でもきちんと続けます。いや続けなさい。

わかったか!将来のオ・レ!スケベ心はだめよ!

 

因みに急に真面目になった販売員がいたとしたら、それはいとしま太郎かもしれませんw


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA