直売所には八百屋さんや魚屋さんが仕入れている商品があります

直売所には八百屋さんや魚屋さんが仕入れている商品があります

あらぁ?

糸島でバナナが栽培されてるのね!って思ったことありませんか?

 

直売所にはテナントとして八百屋さんや魚屋さんが入っている

直売所では全てが地元産と思っているお客様も多いようで、糸島産では無いですよーと伝えるとびっくりされます。

地元産だけでは野菜、果物、魚をまかなえませんので多くの直売所では仕入れる事で穴埋めをするのです。

直売所とはいえ品ぞろえは一定数しておかなければ売上はあがりません。お客様を欺くという目的では全くないのですが結果的に仕入商品を販売しています。

 

糸島産と一緒に並んでいる仕入品

普通に陳列をしており仕入品か地元産かわからない場合もよくあります。特に果物は出荷される時期が限られるので仕入品がないとかなりさびしい事になります。

糸島市内の直売所では地元産と仕入品が一緒に陳列している事が多く、お客様にとっては見分けづらく親切ではないような気がします。

 

どうせ仕入れるなら「鍋の素」を仕入ればいい

伊都菜彩、福ふくの里は比較的地元以外のお客様が多い。志摩の四季、博多じょうもんさんは地元のお客様が多い。というように直売所の立地や商品によってお客様のニーズも違ってくるはずですので仕入れる商品を変化させれば面白い。

漬物(高菜、らっきょう、梅)用の商品が出荷された時によく聞かれるのが「塩」です。

普通の塩ですね。「またいちの塩」のような上等な塩ではなく普通の塩です。漬物を漬けるときによく使うので併せて購入していかれるのですね。

仕入れるなら野菜をたくさん食べてもらえるような「鍋の素」とかいいと思うんですけどね。

魚屋さんのお寿司は普通においしい

テナントで入っている魚屋さんは全部が糸島産の魚を使って刺身や煮つけを作っているわけではないです。むしろ糸島産を無理やり使うと原価が高くなってしまうので最終的に価格に反映するとお客様に価格が転嫁されますしね。

糸島産の新鮮な魚で作った刺身やお寿司は勿論美味しいでしょうが、テナントで入っている魚屋さんのお寿司も普通に美味しいですよ。

同じように総菜屋さんも全て糸島産の原料を使っているわけではないのですが、出来立てのものはやっぱり美味しい。

 

直売所の魅力を高める為には必要

私は思うのですが直売所店内で販売している全てが地元産というわけでなくてもいいと思っています。地元(ここでは糸島市内)にあるお店がそこで出荷して食べる事ができるというだけで意味があると思っています。

現に直売所で出荷している惣菜や弁当の生産者は糸島産の原料だけをつかっているのは稀なので。

ですからテナントさんも必要ですし、出荷してくれる八百屋や魚屋も直売所には欠くことのできない存在だと思っています。

 

お客様は地元産ばかりではないと知っておくこと大事

そこでお客様は地元産ばかりではないという事を知って頂いて納得頂きたいところです。納得できなければそこの直売所で買い物をしなければいいだけなのですが。それではもったいない。

直売所側としては陳列を分けるなどの配慮があっていいのかなと記事を書きながら思いました。

 

 


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA