飛び魚が入荷しています

飛び魚が入荷しています

最近糸島の各直売所で、トビウオが入荷するようになりました。

スーパーでは並ぶことが少ない魚ですが、刺身、塩焼き、漬けにしてからの茶漬け。と美味しい魚です。

梅雨時期からがシーズン

トビウオの「旬」と呼ばれる時期は6月から8月位。

夏が旬の魚と言われます。見た目も涼しいし(私はそう思っているのですが)、キラキラしていて。確かに夏が似合いそうな魚だと思います。

私の勤務している直売所でも、トビウオが入荷しています。私は以前もブログで書いたのですが、魚が獲れ始めたらそれも「旬」でいいと思っています。

ですから、私の中ではトビウオは既に「旬」に入っています。

現時点で購入して食べてみました。

刺身で頂いたのですが、すごくモチモチしていて美味しかったです。大きい魚体が美味しそうでしたので、それを選びました。

 

料理は刺身がうまい!

私がトビウオの料理で一番だと思うのは、刺身です。

モチモチしている。と一般的には表現されます。

いとしま太郎、以前よりこの「モチモチ」っていうのが、よくイメージ出来ないんですね。

私見では、ウルメイワシの刺身に似ているような気がします。

味も同じような感じですが、ウルメイワシよりも身がしっかりしている気がします。

トビウオは薄造りも美味しいようです。白身魚ではないので、私はしたことがなかったのですが独特の食感が楽しいらしいです。

 

 

トビウオの茶漬け

「魚の漬け」をご飯の上に載せて、お茶をかける所謂「茶漬け」が旨いとベテラン漁師に教えて頂きました。

鯛の茶漬けはよく聞きますが、青物の茶漬けはしたことがありません。

なんとなく、青物の香りが強調されそうでしたことが無かったです。

ですが、ブリ茶漬けなんてものも、ありますし。普通に美味しいかも知れませんね。

 

トビウオと生姜醤油は相性がいい

刺身にワサビは付き物ですが、私はトビウオ、イワシ、アジは生姜醤油が断然相性がいいと思います。

魚の香りに合うような気がするからです。

 

糸島でのシーズンは初夏から初秋までか

現時点で既に入荷しています。

味も普通に美味しいので、シーズンとしていいと思います。

いつまで入荷するのかが問題なのですが、秋口までは入荷しているイメージがあります。

やはり、夏の魚のイメージがありますね。

生姜で、さっぱり食べることが出来るので、暑い時期に美味しい魚です。

 

安いし栄養もあります

刺身にできるサイズが二匹で、300円程度が直売所での相場でしょうか。

それよりも大幅に安かったらお得かもしれません。

そして栄養面に関しては、高タンパク低脂肪。

ダイエットにもいいとの事です。

私はダイエットに興味はありませんが、一応参考まで。

 

↓美味しい刺身は材料選びが9割です。

新鮮な刺身の選び方

↓どれくらいの大きさの魚を買えばいいのかはよく迷います。

刺身の重さは一人分約100グラム


糸島の直売所勤務の中年です。食べる事が好きすぎて直売所に就てめてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA